◆アダルトビデオのレビューや売上ランキングなど。
 アダルトビデオ:99,507点  女優:25,134人  レビュー:114,691本  サンプル画像:883,931
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


アダルトビデオのタグ一覧(抜粋)

シルヴィア クリステルのアダルトビデオ

検索結果:3件 検索条件:「シルヴィア クリステル
ソート: 発売日順 | 評価順

[シルヴィア クリステル アラン キュニー クリスティーヌ ボワッソン マリカ グリーン] エマニエル夫人 無修正版 [Blu-ray]
54pt (評価数:21件)
評価:★★★★☆
エマニエル夫人 無修正版 [Blu-ray]
女優:シルヴィア クリステル アラン キュニー クリスティーヌ ボワッソン マリカ グリーン
発売日:2012年04月13日
タグ:紳士 小学生 パロディ 中学生 テニス 大学生 投稿 金髪 女子大生 お嬢様 セクシー 露出 妄想 OL スレンダー レズ 人妻 高校生 オナニー 
内容紹介:
レビュー:
青く、清楚なシルビア・クリステルの存在がこの映画の命。
シルビア・クリステルの魅力だと思います。
1995年にフランスのTVシリーズでも全く新しい内容で放映されていましたが、映画としてのシルヴィアクリステル主演の『エマニエル夫人』シリーズは全5作です。
それにしても、シルヴィアの裸体は美しいですね。
シルビア・クリステルの魅力
シルビア・クリステルが大変にきれいで魅力的です。
そんなことはどうでもよく、シルビア・クリステルを楽しめばいいんじゃないかと思います。
映画の中のシルビア・クリステルの美しさは今も不変。
巷に氾濫していた藤の椅子に座ったポスターで、私は本作品の主演女優シルヴィアクリステルを完全に誤解していた。
女性に何が受けたのか・・映像がきれい、フランス語で歌われる主題歌(もちろん大ヒット)がおしゃれ、シルビア・クリステル(当時22歳位)の魅力なのかな?フランスの香り漂うファッショナブルな映画。
主演のシルビア・クリステルはこの映画後はなんとなく消えてしまった。
エマニエルを演ずるシルヴィアクリステルのしなやかに躍動する上品な白いスレンダーボディが、戸惑いから悦びへ変わり、ベッドでうねりゆくエクスタシーの流れは、ソフトでもあり、直球勝負でもある。

NO IMAGE
20pt (評価数:6件)
評価:★★★★☆
エマニエル夫人 無修正版
女優:
発売日:0000年00月00日
タグ:紳士 娼婦 小学生 金髪 若妻 妄想 
内容紹介:
1974年に日本公開され、ポルノ映画でありながら多くの女性客を集めて社会現象となったフランス映画。ピエール・バシュレの囁くような主題歌、籐の椅子に座った全裸のシルヴィアクリステルのポスターは、あまりに有名。
20歳の若妻エマニエルは、夫の赴任先であるタイで様々な性体験に身を委ねる。性の哲学者とも言うべきマリオ老人と出会ったエマニエルは、さらなるアバンチュールを重ね、やがて成熟した大人の女性へと変貌していく…。
冒頭とラスト、エマニエルは鏡台に向かって化粧をする。冒頭のそれは、まだ幼い、少年のようなエマニエルの無邪気な表情を捉えているのに対し、ラストでのエマニエルはあたかも娼婦のような出で立ちで、濃い目のルージュを唇にひく。ひとりの女性の精神的旅立ちを描いたこのシーンから放出される、毅然とした迫力に、男はただただ圧倒されるしかないのだろうか。(斉藤守彦)
レビュー:
青く、清楚なシルビア・クリステルの存在がこの映画の命。
巷に氾濫していた藤の椅子に座ったポスターで、私は本作品の主演女優シルヴィアクリステルを完全に誤解していた。

NO IMAGE
14pt (評価数:4件)
評価:★★★★☆
続エマニエル夫人 無修正版
女優:
発売日:0000年00月00日
タグ:娼婦 媚薬 貧乳 セクシー お風呂 露出 レズ 人妻 素人 
内容紹介:
大ヒットした前作を引き継いで、シルヴィアクリステル扮する人妻エマニエルが、再び奔放な愛の遍歴を重ねていく。監督は前作で、籐の椅子に座ったエマニエルのポスターを撮ったフランシス・ジャコペッティ。性の歓びを知ったエマニエルがパリ、香港、バリ島で美しい裸身を開き、成熟した大人の女の魅力で清純な美少女アンナマリア(カトリーヌ・リヴェ)に官能の悦びを教えていく。
ファッショナブルな映像で女性を魅了した前作『エマニエル夫人』と比べて性描写がより直接的で過激になり、そのせいか本国のフランスでは完成から公開までに長い年月を要した。露出の多い衣装で通信技師を誘惑したり、レズの手ほどきをするエマニエルだが、シルヴィアクリステルが演じることで、不思議なほど不潔な感じがしないキャラクターになっており、このシリーズが女性の支持を受けているのもうなずける。またシルヴィアは本作で主題歌も歌っており、そのセクシーな歌声で、さらに観客を魅了する。音楽は『ある愛の詩』などのフランシス・レイが担当。(斉藤守彦)
レビュー:
確かにまあ、やらしいシーンは非常にやらしいのですが、シルビア・クリステルはもちろんすごい美人だし、音楽も実に各シーンにぴったりの名曲ぞろい。
シルヴィアってこんなに綺麗だったっけ?と子供の頃の印象をくつがえしましたよ。


TMA



Copyright © 2008-2010 AVデータベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.47秒)